全体的な流れをつかもう

さて、引越しをすることが決まったら、まずは何から始めれば良いのでしょうか。
業者探しも大切ですが、最初はもっと大きな視野を持って、引越し準備から、引越し後の作業まで、引越しの全体像をつかんでおくことが最も大切です。
なぜなら、きちんと全体像を把握しておくことで、より正確なスケジュールを考えることができるからです。
スケジュールが正確な引越しでは、「いつまでにコレを済ませなくてはならない」、「この時点からは、この手続きができる」と、そのときに行うべきことが明確になり、うっかり忘れてしまうことが少なくなります。
それでは、具体的な引越しの流れを見ていきましょう。
まずは、引越しをする日程を決めましょう。
自分や家族の予定を確認し、可能であれば引越し料金が高くなる業者の繁忙期は避けて、日程を検討します。
そして、日程が大まかに決まったら、次は業者選びです。
引越し業者をピックアップしたら希望日時と大体の引越しの規模を伝えます。
そうすると、予約が可能かどうか、そして簡単な見積もりを貰うことができますので、どの業者に頼むかを検討しましょう。
業者が決まれば、あとは荷物をまとめる作業に進むことになりますが、このとき引越しの際に処分したいものを優先的に整理するようにして、引き取り業者などに依頼が必要な物から、順次処分してしまいます。
そうすると、荷物の梱包が楽になるでしょう。
荷物が片付けが終盤に差し掛かったら、住所変更に伴う諸手続きも行っておきます。
あとは、当日荷物を運んでもらい、旧居の清掃をしておきます。
これが、引越し当日までの簡単な流れです。
Copyright (C)2017面倒!!引越しに関する手続き〜こうすれば大丈夫〜.All rights reserved.