引っ越し前に行う手続き

転居する際には、色々な手続きを行わなくてはなりません。
そして、その手続きの中には、引越しをする前に行っておくべきものもたくさんありますので、ここで一般的なものを紹介しておきましょう。
まず、引越しをすると転居手続きが必要です。
実際に転居する前に、転出届を提出し、その後転入先で転入届を提出して、転居の手続きは完了です。
転出届は、転居の2週間前から受け付け可能となっている場合が多いようです。
現住所がある場所の市町村役場に転出届を提出して、転出証明書を発行してもらいます。
転居後は、この証明書を持って新しい住所の市町村役場へ行き、転出先で転入届を出します。
また、転居手続き以外では、ガスや電気、水道の手続きも行う必要があるでしょう。
こういったライフラインは、きちんと手続きを行っておかなくては料金請求や使用の面で問題が起こる可能性もあります。
引越し当日に手続きを行うこともできますが、当日は色々忙しくなってしまうと思いますので、引越しの1週間から2週間前頃に手続きを行っておいた方が安心です。
また、引越しをした後に、前の住所に郵便物が送られてくる可能性もあります。
そういった場合に備えて、郵便局に転居届を出しておきましょう。
転居届を出しておけば、旧居の住所に送られてきた郵便物を、新居へ1年間のみ転送してもらうことができます。
さらに、固定電話を引いている家庭なら、電話の移転手続きも必要になります。
この手続きも、必ず引越しの前に行っておきましょう。
Copyright (C)2017面倒!!引越しに関する手続き〜こうすれば大丈夫〜.All rights reserved.