引っ越し後に行う手続きについて

新居に荷物を搬入し終わっても、引越し作業は完了ではありません。
まず、転居前に役場でもらっている転出証明書を持って、新居の市町村役場に転入届を出さなくてはなりません。
転入届は、引越し後14日以内に提出しなくてはなりませんので、忘れてしまわないようにできるだけ早く行いましょう。
このとき、国民健康保険や印鑑登録、国民年金、老齢年金と言った色々な住所変更も一度に済ませておくと、後々非常に楽になります。
必要な書類や物を事前に確認しておき、一度の手間で済ませられるようにしましょう。
また、引越し先の周囲には、既に住まわれているご家庭があるでしょう。
簡単な手土産を準備して、できる限り挨拶をしておくようにします。
遠く離れた家にまで挨拶に行く必要はないと思いますが、両隣、裏、といった住居が面している家、そして向かいなどの顔を合わせる機会が多い家には、挨拶をしておいた方が良いでしょう。
マンションやアパートの場合には、両隣や向かい、さらに直下の部屋や直上の部屋にも、挨拶をしておいた方が良いと言えます。
また、引越しによって住所が変更になると、金融機関などの登録住所も変更しなくてはなりません。
こういった変更手続きはしなくてもすぐに困ることは少ないのですが、後回しにしていると忘れてしまうことが多いようです。
忘れていて、いざという時に困ることもありますので、引越しが終わったらできるだけ早く手続きを済ませておきましょう。
Copyright (C)2017面倒!!引越しに関する手続き〜こうすれば大丈夫〜.All rights reserved.